ネットで自動車保険を選ぶメリットやデメリットとは


通販型の自動車保険とは

万が一事故を起こしてしまったときの大きな備えとなるのが自動車保険です。この自動車保険の加入方法は、電話やネットを利用した通信販売型と対面式の代理店型の2つがあります。その手軽さにより、最近はインターネットを通して契約を行う通販型の型で加入する人も増えています。しかし、通販型にはメリットもあればデメリットもあるので、後悔しないためには自分に合っているか確認することが大切です。

通販型のメリットとは

通販型のメリットは、代理店型の自動車保険より安いということです。通販型は代理店と違い、店舗を持たずに保険商品を販売しているので、人件費や店舗運営費などがかからず、リーズナブルな価格で保険を利用することができます。保険料が安いことで、浮いた費用を有効活用し、保障内容を厚くするといったことも可能です。ネット通販は加入手続きが24時間行えるだけでなく、実際に店舗に足を運ぶ必要もありません。安く、そして手軽に保険の手続きが行えるのが、通販型の最大のメリットと言えるでしょう。

通販型のデメリットは

代理店の場合、専任の担当者がついてサポートしてもらえますが、通販型にはそれがありません。そのため、補償内容は全て自分で決めていかなければならないのです。自動車保険の補償内容は様々な種類にわかれており、最適な補償内容というのも一人一人異なっています。初心者であればあるほど、どれを選んだら良いのか迷ってしまうでしょう。適当に選んだり、勘違いして間違ったものを選んだりすると、もしもの時に1円も保証してもらえないということもありえます。通販型で的確に補償内容を選ぶためには、しっかり勉強し、自動車保険に詳しくなる必要があるのです。

自動車保険には、走行距離が短いほど保険料が安くなるものがあります。年間の走行距離を予想して申告すれば、その距離に応じた保険料を払えばよいのです。