デビットカードで銀行を選ぶ!法人が使いやすいのは?


デビットカードの発行には銀行口座の開設が必要

法人が銀行口座を開設する目的として事業資金の管理をするのが主な目的な場合がほとんどですが、デビットカードを使えるようにするためという場合もあります。特に少人数で事業を運営しているときには、事業内容によっては口座がなくても問題ない、あるいは個人の口座で間に合わせられるということもあるでしょう。しかし、デビットカードを使用するとなると個人のカードとは切り分けておかないとトラブルの原因になりかねないので法人口座を作って発行してもらうという考えになるのが一般的です。その際にどの銀行口座を選ぶべきかで悩んだらどんなことを重視したら良いのでしょうか。

選ぶときの二つのポイント

法人口座を開設したらその銀行のデビットカードを利用することになります。デビットカードを使う目的で講座を開設するなら、デビットカードの仕様を確認しておくのが大切です。デビットカードは支払いをしたときにすぐに銀行口座からお金が引き落とされるのが特徴で、この仕組みには違いはありません。選ぶ上で重要なのはいつ使用できるかで、銀行が対応している時間でなければ支払いに使えないのが原則になっています。世界での取引をしているときには夜間に使うこともあり、土日も営業している会社では一般的に銀行が休みのタイミングで使うこともあるでしょう。使用可能な曜日や時間については詳しく確認して比較してから決めるのが大切です。

また、カードブランドも選ぶときに重要なポイントです。世界ブランドでないと海外企業への支払いは難しい場合が多いので注意しましょう。

使ってその場で口座からお金が引き落とされる法人のデビットカードは、クレジットカードのように審査が厳しくなく、会社を運営するときに一枚持っていると便利です。